あたまのコトバ

頭で喋ったことを文字にしてみます。

鬱病の時 その5

復帰

しばらくは辛い日々が続きました。ちょっとのストレスで血の気が引き、めまい、血圧上昇、吐き気がひどく、座っているのが精一杯でした。

会社の事務所の雰囲気が悪く、現場の事務所に机を移動させてもらい、症状は軽くなりました。
 
しばらくは、以前と変わらず一人で仕事を進めていましたが、その道のプロと呼ばれる方が上司となり、相談できる相手もでき、回復していきました。
 
その頃から、薬を少しずつ減らしていきましたが、自分の判断で行っていたため、副作用が強く出てしまい、大変な思いをしました。
 
復帰後1年が過ぎた頃、1年間の勉強と称して転勤を命じられ、2人目が生まれるタイミングでしたが仕方なく受け入れました。
転勤時の妻は、半年間の入院寝たきり後の出産であったため、体も精神もボロボロでした。幸いにも実家が車で1時間と近かったため援助してもらいながらでしたが、妻がストレスでウツとなり、1年経たずして、帰任となりました。
 
転勤の間、妻、子供には大変辛い思いをさせてしまい後悔しています。
この頃は、全てが上手く行かない時期だった様に思います。
 
さてさて、今はと言うと、私は幸いにも妻が進めてくれたサプリメントンを続けていたお陰で、元の自分を取り戻しています。
今では仕事の成績はトップ、実績を残すことができる様になりました。そろそろ転職を考えています。
 
妻は投薬中です。薬を飲んでから、今まで見たことのないほど元気になっているので、出会ったときから、軽いウツ状態だったのかなと思います。
 
このところ、普通であることが幸せです。