あたまのコトバ

頭で喋ったことを文字にしてみます。

鬱病の時 その4

自宅療養3ヵ月目

〈妻の処方箋〉

妻は文系であり、薬剤師でもなく、医者でもないです。どうやら脳みそによいとされるサプリがあるようで、買ってきてくれました。
 
ホスファチジルセリン、オメガ3、イチョウ葉エキス、アミノ酸等々、効果があったかはわかりませんが、飲み続けました。
 
この頃になると、ダウンする前の当時の自分が置かれていた状況がいかに異常であったかなど、冷静に物事を考えられる様になり、転職しようと思いましたが、転職先でも同じ様に追い込まれたら、同じ様に鬱になると思ったため、少なくとも、追い込まれた時の対応が出来る様になるまでは、仕事を続けようと考える様になりました。
 
まだまだ不安でしたが、これ以上休むと社会復帰出来なくなると言う不安が強く、復帰することにしました。
 
復帰する際、産業医の面談が有ったのですが、その時の先生が定年で最終日とのことで、いろいろ話を聞かせてくれました。
今でも心に残っているのは、、、
 

宝くじを当てて、即座に仕事をやめたかったけど、結局当たらなかった。当たっていたらとっくに辞めていたのに、ここまで来てしまいました。

 

恐らく、私の状況を察して、いい加減と受け取られる様に、言われたのだろうと思います。

復帰後の話は、また書きたいと思います。