あたまのコトバ

頭で喋ったことを文字にしてみます。

鬱病の時 その2

鬱病への道

当時、妻の束縛で一人になる時間が取れない上、小言を言われる状況でした。離婚も考えていましたが、下の子が生まれたため、離婚もできず、、、
また、一人で落ち着く時間が取れなくなった時期でもありました。
さらに、会社では多忙な日々でした。今も考えるだけでイライラします。
参考までに一部を、、、
 

新規設備導入に伴う業務

1.業者との仕様打ち合わせ
2.工事日程の調整
3.公的機関へ提出する書類の作成と申請(日程調整)
4.早期立ち上げの現場調整
5.安全対策対応
6.その他、、、
 

営業技術活動

お客様の会社へ出向き、ご要望と仕様の打ち合わせ
受注案件の社内登録
現場への作業指示
作業日程の調整
製品の管理
報告書の作成
製品のお届け
売上処理
納期に終われる日々
新しい案件の上記の処理
これらが十数件
 

社外製造品管理

生産申請書
安全対策書
納期調整
等々…
 

その他、社内営業、、、

 
 
仕事量が多い少ないは別として、入社まもない頃、上記を一人でこなしていました。専門的な事柄も多く、他の誰にも出来ない内容であったため、時間が必要でした。
何から手をつけたらよいかわからなくなり、上司にも相談しましたが、表面上の対策だけでした。
誰にも相談できない状況でした。
 
薬の量も仕事量も増える一方で、主治医に「もう無理です」と打ち明けたそうです、、、。
 
そして休業です。
その3に続きます。